新卒採用サイト

人を知る
社員紹介

基地局の設置工事を円滑に進め
利用者の利便性向上に貢献する

武田 裕司
モバイルコミュニケーション事業本部エンジニアリング部

Profile

2008年入社/情報工学科卒
アウトドアが好き。職場の仲間と一緒に夏はバーベキュー、冬はスノボを楽しむことも。

資格

・第一級陸上特殊無線技士

携帯電話の通信エリアを確保するための無線基地局の設置工事全般を担っています。業務は、モバイル通信事業者様から新たな基地局設置の発注があった際に、そのエリアで基地局を設置できる建物や土地を探すところから始まります。その建物が設置基準を満たしているかを調査し、オーナー様と交渉。交渉がまとまれば、設計し、設置工事を進めます。私は工事長としてこれらすべての工程に関わり、主に現場間のさまざまな調整や社内処理などを担当しています。
インフラ業界と聞くと堅いイメージを持つかもしれませんが、ミライトは風通しがよく、親しみやすい人がとても多い職場だと感じます。挑戦の意欲があれば、上司から「やってみたら」とどんどんチャンスを与えてもらえる環境があり、それが働きがいにつながっています。

工事長として顧客との信頼関係を築く

首都圏全域における無線基地局工事に、工事長として関わっています。工事を安全かつ円滑に進めて、利益を出すことが工事長の大きな役割です。専門的な知識や技術を磨くことも重要で、国家資格である陸上特殊無線技士を取得したことで、工事後の電波試験も自ら行えるようになりました。1件1件の工事を無事に完了させて、顧客であるモバイル通信事業者様からの信頼を築きながら、会社の売上に貢献したいと思っています。

利用者への利便性向上に貢献できることがやりがい

事故なく工事を無事に終えられた時の達成感はやはり格別です。新たな基地局を設置することで、その周辺の利用者の方々の利便性向上に貢献できることに喜びを感じます。同じ部署の同僚の中には、地下鉄トンネル内の無線基地局工事を担当している人もいます。地下鉄のように普段利用する身近な場所で、通信状況の改善を体感し、自分が関わった仕事の成果を実感できることも、大きなやりがいにつながると思います。

基地局設置に係るすべての業務を任されるようになりたい

現在は、モバイル通信事業者様から「このエリアに基地局を設置したい」と発注を受けた段階からミライトの仕事が始まりますが、ゆくゆくは、通信状況に改善が必要なエリアを調べて把握する業務も含めて、すべてを一式で任せていただけるようになることが大きな目標です。また、私のいる部署は今後、太陽光などの電気分野の工事も担っていく方針を掲げています。そのため、電気工事関係の資格も積極的に取得していくつもりです。