新卒採用サイト

人を知る
社員紹介

自分の携わった仕事が
目に見える形で残る喜び

高橋 尚士
第二ソリューション事業本部 第三エンジニアリング部

Profile

2011年入社/電子情報通信工学科卒
夜勤シフトもある部署のため、休日はなるべくゆっくり過ごして体調を整えることを優先。最近は昼夜の生活リズムの切り替えもうまくいくように。

資格

・第一種電気工事士

部署で扱う工事の種類は多岐にわたり、私もこれまで建物の電気設備工事をはじめ、通信工事、蓄電池設備改修工事、道路の照明設備改修工事などに関わってきました。特に印象に残っているのは、入社4年目に関わった工事で初めて現場代理人業務を経験したことです。その経験を通して、仕事において大切なのは、失敗からきちんと学んで自分の経験値につなげることだと感じています。新しいことにチャレンジできる環境が整ったミライトだからこそ、たとえ失敗しても必ず次に生かす姿勢を持って、着実に成長していきたいと思います。

実際に働く先輩の話がきっかけ

大学で電気や情報通信の分野を学んだことから、それに関連した仕事に就きたいと考えていました。ミライトを知ったのは、研究室のOBにミライトで働いている人がいたことが縁です。その先輩が研究室を訪れて、事業の内容や職場の雰囲気を詳しく話してくれる機会があり、そこで興味を持ちました。施工現場の写真なども見せてもらい、実際の業務の内容について具体的にイメージできたことが、入社を決める大きな後押しになりました。

目に見える変化でやりがいを実感

現場では、年齢も経験も私よりずっと上の作業員の方々に対して指示を出したり調整を行ったりする必要があるため、おのずとコミュニケーション力が鍛えられ、世代や立場の異なる人とも緊張せずに話せる度胸がつきました。自分が携わった工事の成果が、目に見えてわかる点もこの仕事の醍醐味です。特に、現在関わっている道路照明設備の改修工事の現場は、夜間に車線規制をかけて作業を進めるため、常に危険と隣り合わせ。緊張感もありますが、普段から私自身も車で通る場所のため、工事の前後での変化を実感できてやりがいを感じます。

新しい工事に取り組むために積極的に技術を吸収

さまざまな種類の工事を扱うこの部署では、この先何年経験を積んでも、それまで携わったことのない新しい工事に取り組む機会が出てくるため、その都度、勉強は欠かせません。それが難しさであり面白さでもあります。私もこの環境を活かして、多岐にわたる工事の経験を積み、マルチスキル化を図りたいと考えています。自分たちの仕事が形として残る喜びを励みにして、新しいことをどんどん積極的に吸収しながらステップアップを目指していきます。