新卒採用サイト

人を知る
社員紹介

安全への強い決意を胸に
高品質でスムーズな工事を実現する

荒木 俊輔
NTT事業本部 アクセス事業部 東京北アクセスサービスセンタ

Profile

2011年入社/生命理工学科卒
同僚と仕事終わりに近隣のジムで筋トレに励むのが日課。息抜きはペットのウサギと遊ぶこと。

アクセス事業部では、幅広いサービスエリアにおいて、光ファイバー網をはじめとする情報通信インフラ設備の設計・施工・保守・運用を手掛けています。私が在籍する池袋技術センタでは、1日に約50~60件の光ファイバー敷設工事を実施します。今年の7月に工事長になり、まだまだ勉強することばかりですが、互いに助け合って仕事を進めていく環境があることがミライトの大きな魅力です。また、幅広いサービスエリアで事業を展開できるのも、ミライトが長年にわたり積み上げてきた高い技術力やノウハウ、実績があるからこそだと感じています。情報通信インフラの設備は、現代社会になくてはならない存在であり、人々の生活を支える重要な技術です。少しでも興味のある方はぜひ飛び込んでほしいと思います。

重要な役割を担う工事長としての決意

現在、私は光回線開通系のアクセス工事の工事長を務めています。協力会社の方々を取りまとめ、安全面や品質、工程など、全般的な管理を行うのが工事長の役割です。特にアクセス工事では、高所作業や道路上での作業など危険が伴う内容が多く、安全対策は重要です。絶対に事故を出さない、という決意を持って、毎日の朝礼や毎月の会議などを通して、事故を防ぐための情報共有や安全対策の周知に努めています。

危険と隣り合わせだからこそ、
業務後の作業員の笑顔がやりがい

工事長として喜びを感じるのは、その日1日の工事を無事に完了できた時です。常に危険と隣り合わせの工事だからこそ、業務を終えた作業員が笑顔で事務所に帰ってきてくれる瞬間がうれしく、それがやりがいにもつながっています。人手が足りない場合には現場に同行して一緒に作業を行うこともあります。そこでチームワークを発揮して、想定の時間より早く作業を終えられた時には達成感があります。

知識と経験を積んで、信頼される工事長に

工事長となって日が浅く、まだまだ専門知識や経験が足りないと感じています。もっと知識を磨いて経験を積み、何を聞かれても適切に答えられるような、周りから信頼される工事長になることが目標です。そのためにも、さまざまな工法や、品質管理、安全対策などについて勉強を重ねています。高い品質を維持しながら、常にお客様の満足を得られるような施工を積み重ね、信頼を得ていきたいと思います。